読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国とクラッシックを愛するウィスキー女子

ウィスキーのつまみにしたい物、事をつぶやくブログ

天使の分け前

ウィスキーを樽で熟成する過程で、少し蒸発してしまうことを

 

「天使の分け前」

 

と呼んでいる・・

ウィスキーが美味しくなることに天使が尽力してくれていて

感謝の気持ちを込めてそう呼んでいるなんて

素敵すぎる☆☆☆

f:id:minappe0630:20170316171452j:plain

 

そんな題名の映画をビデオで見た。

「THE ANGEL'S SHARE」

f:id:minappe0630:20170316164551j:plain

スコットランドが舞台、あらすじに

荒れくれた青年が、ウィスキーに目覚め

更生していくといった大雑把なストーリーだったが

ウィスキーとあらば、見ないとと思った。

 

暴力事件を起こした主人公ロビーが刑を逃れ、300時間の社会奉仕活動

を課せられるのだが、その奉仕活動の監督員ハリーの家に呼ばれて

ロビーに子供が生まれたことをお祝いしてくれる時に差し出されたのが

スプリングバンク32年」のウィスキー。

 

初めて飲むシングルモルトに「うえっ コーラで割ってくれ」

とまずそうに言うが、ハリーが

「だめだ、水を少しだけ・・」

それをもう一度口にするロビー、ウィスキーの魅力に触れた一瞬。

そのあと目覚めたかのようにウィスキーについて勉強しはじめる・・。

 

そして幻のウィスキー「モルトミル」がオークションに出される

情報を知り、なんとそのオークション会場に紛れ込み

その樽から瓶数本分を抽出し、バイヤーに売りつけて

大金を得て、なおかつ蒸留所で働く約束もとりつけてしまう

 

人生の賭けにでたロビーは、赤ん坊と奥さんを連れて

町を出て新しいまっとうな人生を歩み始める・・。

そう、すなわち彼も天使の分け前をもらったのだ・・・

 

え~、ここに繋がるんだとちょっと安易?ユニーク?な

展開に笑えたが、スコットランドらしいネタ(キルトを着たり)と

ウィスキーネタもあり楽しめた。

 

[SUNTORY公式ブログ] 天使の分け前!?樽とウイスキーのロマンチックな関係/ - サントリー山崎蒸溜所Blog

エピソード

2017/03/16 17:12

 毎年2%ぐらいずつ蒸発していくのだそうだ。

 

「ウィスキーには天使とともに

過ごした時間が閉じ込められている」

 

と思ったら、なおいっそう美味しい一口になることは間違いない。