読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国とクラッシックを愛するウィスキー女子

ウィスキーのつまみにしたい物、事をつぶやくブログ

ウィスキーを飲みながら聴きたい音楽

 

ウィスキーをロックで飲む・・・。

初めは、ストレートのアロマでいうならFirstnoteが

鼻から抜けて樽の熟成した味わいを楽しむ。

 

それからは、ゆっくりと氷が溶けるにつれて変わっていく味を楽しむ。

 

ウィスキーを飲むとグラスを空けるまでにかける時間もかけがえがない

感じがします。

 

極上なひとときに、極上BGMがあればさらに自分酔いの世界に浸れる。

 

もちろんジャズもいいし、好みは人それぞれだけど

 

「クラッシックとウィスキー」

これが、極上に合うのだ。

 

旋律に耳を傾け、作曲家の思いを考えながらひとくちまたひとくち

芳醇なお酒をいただく・・・

 

お酒のつまみにクラッシック音楽がなるとは・・発見でした。

たとえば、

Rachmaninov Piano Sonata No.2 op.36

 

巨匠ホロヴィッツラフマニノフ ソナタ2番

ジャズの要素がふんだんに感じる曲

特に第2楽章 星空の下に自分だけがいるかのような世界観が広がる

 

最近は、つまみになる音を探し求めています